おおきなみなとの日々帖

食、本、冷えとり、味のあるカッコイイ役者さん、嵐さんに甘いけれど、日常がいちばん好き。

テレビまわり。

みうらじゅんさん、又吉直樹さん、いとうせいこうさん、つばたしゅういちさん&英子さん、みんな大好き。

奇跡のツーショットたまりません、このお二人のセンス!! 私の理想の男性です。 『keep on バカ』は座右の銘にしたいです。 悪路の中、待望の一冊が届きました。帯をはずして表紙をうっとり眺める。お二人の足の自由な雰囲気がそれぞれの個性を物語っている…

年末年始〜越水の天ぷらそば、のっぺい、松前漬、カブのなます、焼豚、HoshinoKoffee&laboさんのエチオピア、R1ヨーグルト、すき焼きの残りの牛肉を焼いて。

少し早い年越しそば的な夜を29日に。昼間は激混みな人気店も夜は全く静かにツルツルと平和に味わえて至福この上ない。 年末恒例、料理名人お二人より差し入れをありがたく頂戴しました。これが届く間は年末料理は楽させていただく所存です。○のっぺい ○焼豚(…

欲望の塊にはなりたくなく&会いたくないので「チョイ住みinロンドン」を見て昼寝の年末。

年末年始だからと言って、必要以上に大騒ぎするのはどうにも苦手です。ケが一番。ケをそれなりに大事にしていれば、年の瀬になって洗剤やら掃除用品を買って騒ぎ立てることもないんでないの?と欲望の塊のような買い物客たちの姿を見て思いました。 「チョイ…

苦手な12月と黒柳徹子さん、沢村貞子さん、向田邦子さん。

12月はどうも苦手。気持ちの落ちる根本は何なんだろう…と掘り下げていくと、ひとりでちゃんと立ててないってところになるのだと。尊敬する黒柳徹子さんも向田邦子さんも沢村貞子さんは、恋人や夫との時間や思い出や日々のことを大事にしながらも、まずは自分…

モロゾフのチーズケーキとセルコックスで体が楽になる、そして内海桂子師匠は本物中の本物。

ドラマ「コウノドリ」で、40代の未婚の助産士さんが子宮全摘しなくてはならなくなり、母になる人生とならない人生やら、未婚者の老後への社会的保証の薄さみたいなのを描いていて、すごぉ〜く、すごぉ〜く考えさせられました。 ビビビ婚に近いカタチで数年前…

フォントフェチ、鴻鳥サクラ先生と食べたいカップ焼きそば。

出先のトイレで、まったくどストライクで好みのフォントに出会いました。味わい深いなぁ。実はフォントフェチです。 ドラマ「コウノドリ」を観始めて以来、ず〜っと食べたくてたまらなかった、サクラ先生大好物のカップ焼きそば。サクラ先生と食べていること…

夜の歯磨きは手間をかけながら「トットちゃん!」を見る。

夜の歯磨きは相当に手間をかけます。ソラデー歯ブラシにコンクール リペリオ歯磨き粉をつけて丁寧にブラッシング→水で薄めたコンクールfをつけて歯間ブラシかけ→同じくコンクールf水をつけた奥歯中心にワンタクトブラシでブラッシング→フッ素たっぷり配合の…

ALFEEオジサマたち。

こんなに人間的に温かくて魅力的なオジサマたちで結成されたバンドを、10代で好きになった自分を褒めてあげたい。今のオジサマたちの紡ぐ曲には心動かされることはないけれど、若かりし頃はどれだけ救われていたことか。 懐メロとして夢中だった頃の曲を聴け…

お彼岸はおはぎと五目いなりが定番〜ALFEEオジサマたちも中華そばふじのも好き。

お彼岸のお昼ご飯。 スーパーのおはぎと知人よりいただいた五目いなり。 そして土曜スタジオパークを見ました。 所さん、どんな形で茶化すのかしら…なんて思っていたのに、高見沢さんの言うとおり意に反して素晴らしいコメントでびっくりでした。 皆最初は『…

内海桂子師匠、まったくです!!

内海桂子師匠は私にとって憧れの人。 師匠、その通りです。一斉におんなじような、しかも意味のないような報道をして逆に何か大事なことを伝えるのをごまかしているような気がしてしょうがないのです。 慣れたくないけど、じわじわとそうさせられる…みたいな…

卵とじ、ししゃも、ポテサラのゆるい夕食〜竹徳の煮玉子しんじょう。

わが家の昔からの定番メニュー 卵とじ(しめじ、かまぼこ、じ玉ねぎ、糸こんにゃく、小松菜、鯖水煮缶)と、どんどん進化して美味なポテサラは年寄りの作です。ししゃもに片栗粉つけて焼き揚げにして、赤出汁(ナス、みょうが)をさくっと作っておしまいなダ…

美味しいコーヒーを飲みたいな。34歳で逝った彼女とその家族について。

美味しいコーヒーが飲みたい。 「わたしはがんだ」と思うことでの、からだやこころへの負荷がすごいのではないかなということです。 がんは、3G、がんばり過ぎ、我慢しすぎ、頑固、だとなるらしいです。 がんは、生き直しなさい、本来の自分に戻りなさい、…

日帰り温泉の雑多感、日美の奈良旅、日常ご飯。

ひとっ風呂浴びた後、持ち込んだり、注文したりのアラカルトの日帰り温泉の夜。 帰ったら寝るだけという至福が待つ。 基本、温泉は泊まりたいけれど、これからの季節ならたまにはいいかも。 二次会も終え、日曜美術館の奈良の旅を観直す。 落ち着く〜。 聖林…

ワンオクの18祭、ALFEEオジサマ。

友が絶賛していたワンオクの18祭を観ました。 若者たちの本気の情熱が伝わってきてウルウル。 そしてたった一曲のパフォーマンスなのに、ワンオクったらすごく迫るものがたくさんで泣けました。 Takaが最後に言っていた、 「気持ちと情熱は18の頃と変わらず…

母の日にfashy湯たんぽや鉢植えを、そして気持ちは精霊の守り人シリーズのバルサ。

とても現実主義でしっかり者の母への母の日ギフト。 恒例のデパート商品券に、買う買うと言いながらなかなか買わない、私も愛用しているfadhy湯たんぽを今年はチョイス。 寒色系カバーだと値引率いいのに、赤いのでないと駄目だと言う。 頑固さバンザイだ。 …

母の日ディナーは土井善晴先生レシピシューマイを高山なおみさんを真似てソースで。

母の日ディナーは、冷凍しておいた土井善晴先生レシピシューマイを、高山なおみさんの日記を真似て焼いてみました。 いつぞやに作って冷凍しておいた焼売(ごま油で両面を焼き、お湯を少し入れてフライパンで蒸し焼きにしてみた。大成功。辛子醤油&ウスター…

クローズアップ現代で一汁一菜、牡丹の花に傘を。

クローズアップ現代、まさかの土井先生と武田アナの共演!!簡単食よりもインスタ映えより何よりも一汁一菜でいたい!! 近頃のTVは、NHKさえ見ていれば何もいらないと思います。 我が家の庭に大きく咲いた牡丹。 せっかく咲いたのに雨に濡れて散ってしまう…

奥阿賀グロッサリーcombirieさん、山崎糀屋さん、阿修羅像。

中華の日の夕食。 甘酒用の糀を買いに行くときのお楽しみ 奥阿賀グロッサリーcombirieさんのパンはやっぱりほんとに美味しい。 品数が少ないのが残念だし、田舎で本物で勝負するのはなかなか容易なことではないと思うけれど、真面目さが伝わってきて応援した…

カルテット最終回、友家ホテルさんのウニ餅。

『カルテット』最終回、何よりもあの辛辣な手紙が良かったな。 煙みたいに意味のないことを私は大事にしていこうと思いました。 何か起こっても周りがどんなにガヤっても、そういうのは関係なく私は大事な人は信じよう。 薄揚げは何よりのごちそうです。 肉…

富士ファミリー、炊きたての白いご飯を見て幸せと思う。

「富士ファミリー2017」をようやく。 想像以上に今の私の心をグラグラゆらゆらさせるツボだらけ…というより、どこをどう切ってもそうでピックアップすることができません。 新入りの東出くんのぷりおもすこぶる良くて違和感がちっともなく、配役の絶妙さのお…

たなくじで大大吉、新年初甘酒仕込み。

年越しをまたいで放送していたEテレの2355と0655の‘’年越しはご一緒にSP‘’をようやく見る。 チカチカ変わる画面の好きなタイミングでシャッターを押すたなくじをやったら、はい、出ました。 大大吉、しかも家族まとめて! 初詣のおみくじは吉だったけれど、…

予定変更の大晦日ごちそう、二次会、紅白。

お湯をじゃんじゃん沸かしてスタンバっていたラーメンでしたが、弟分より海鮮巻きの嬉しい差し入れがあって急遽、煮干しラーメンをシェアしておしまいと相成りました。 オードブルもほぼ手付かず、でも、でもホタテとたこ刺し身だけはペロリと。 くわいせん…

「この世界の片隅に」からの「真田丸」でクリアになる。

忘年会の前に観た映画「この世界の片隅に」の余韻たっぷりの中で、最終回を迎えた「真田丸」を観て、新聞の映画評を読んで気持ちが澄んできました。 そんなにいつもグイグイと信念を持って邁進しなくたって、流れに任せて受け身一辺倒みたいであっても、人は…

土井善晴先生のシュウマイレシピが素晴らしい、ル・レクチェ3個。

きょうの料理で、土井善晴先生のシューマイを見てからずっとずっと作りたかったのに、どこのスーパーに行ってもシューマイの皮が品切れ続きの日々でした。 皆さん、テレビ見たのでしょうか!! 家族がやっとひと袋だけ見つけて来てくれました。 玉ねぎとひき…

お家カレー、あささんが恋しい。

お家カレー、旨し。 ワサビ菜のサラダもモリモリ。 残り物のひじき煮はちょっぴり。 トランプ報道を見ながら、なんだか無性に「あさが、来た」を思い出します。 ○「あさが、来た」のあささんの言葉 【戦争は銃や大砲で人を傷つけて、新聞や世論は人を悪うい…

暮らしはずっとシンプル、皆川明さんの言葉。

富山のお土産に大変レトロな入浴剤いただきました。 何よりのお土産です。 一番嬉しい。 でももったいなくてなかなか使えない。 最近思うこと。 補い合える関係が、どうして気持ち良く築けないのかなぁ…私ももちろん。 いつもはフワフワと誤魔化しつつ肝心な…

とと姉ちゃん最終回、間違いない蕎麦。

とと姉ちゃん最終回の前に、昨日の高畑充希ちゃんゲストのあさイチプレミアムトークを見る。気持ちのいい子だなぁ。 傍らにはすっかりなついたゼスプリくん。 そして最終回をじっくり。 ととの登場はズルいなぁ。 長女としては泣きに泣きました。 久しぶりに…

暮しの手帖、とと姉ちゃん。

旅から帰って来たら届いていた暮しの手帖84号。 ドキドキワクワク。 土井善晴先生の新連載、のっけからやられましたな。 そしてとと姉ちゃん。 花山さんの『君の肩に宿るから』に心が震えました。

冷えとりガール吉田羊さんのドイツ旅。

旅番組が大好きで、自分のアンテナに引っかかったものを録画してじっくり観るのが楽しみの一つ。 冷えとりガールズ会後に観て感動したのが吉田羊さんのドイツ旅。 www6.nhk.or.jp 吉田羊さんも冷えとりガール。 いつか見た普段着がとても素敵で、しかも今回…

藤山直美さん、京都祇園の高級クラブのママ、そしてとと姉ちゃん。

楽しいなぁ、藤山さんと安住さん! そして祇園の高級クラブのママ、スゴイなぁ! 職業は違えど、たくましさだったり、しなやかさだったり、本気度であったりは、「とと姉ちゃん」の常子さんに通ずるものがあるなぁ。 こういうたくましさに大いに欠ける、頼り…