おおきなみなとの日々帖

食、本、冷えとり、味のあるカッコイイ役者さん、嵐さんに甘いけれど、日常がいちばん好き。

夕刻ってだけで優しくなります。

昨日は残業の家族が帰宅前に歩きました。

f:id:big-harbor-sun:20140905090411j:plain
河川敷をテクテクと、風をビューっと受けながら黙々と。
街中と違ってなんの誘惑もないのでじゃんじゃん進めます。
安全だし歩きやすいけれど、足元に注意してないとうっかり犬のウ◯チをふみそうになったりするので、うっとりばかりしてられません。
飼い主さん、愛犬を可愛がるのは結構ですけど、も少しマナーを持たれたほうがいいと思います。
 
f:id:big-harbor-sun:20140905090741j:plain
まだ空が完全に暗くなくて、家々にポツリポツリと灯りがともり始め、昼間の緊張と疲れから解放されて、夜ご飯の支度をしたり、ニュースを見たりし始める夕刻が昔から大好きです。
平和ってこういうときにジワ〜って感じるものです。
こういう庶民の平和、果たして新しい内閣はよりよいものにしようという気概はあるのかなぁ。
ないと思っていたほうが気が楽です。
f:id:big-harbor-sun:20140905091311j:plain
またまた及びませんでしたが、優しくなれたから良しとします。
 
広告を非表示にする