おおきなみなとの日々帖

食、本、冷えとり、味のあるカッコイイ役者さん、嵐さんに甘いけれど、日常がいちばん好き。

なんというエコな酔っぱらいなのでしょうか。

 

昨夜はご縁あって、佐渡を拠点に太鼓を中心とした伝統的な音楽芸能に無限の可能性を見いだし、現代への再創造を試みる太鼓芸能集団「鼓童」の演奏をちょろっと聴きました。


太鼓芸能集団 鼓童

招待のディナーショーでの演奏だったので、メンバーわずか4人の正味30分ほどの演奏だったのですがこれがもう大迫力!

太鼓と笛の融合を生で聴いて、自分の中の日本人の血が喜んでいるかのようでした。

昔はなんとも思わなかった民謡とか和楽器に心動くなんて、歳を取るのも存外悪くないなぁと思いました。

 

演奏後にディナータイムになったのですが、空きっ腹に太鼓がビンビン響いてますます腹ペコで、お料理が届くのを待ちきれずにカシスリキュールをセルフで作ってグビグビと飲んだら美味しいのなんのって。

オードブル、カルパッチョ、ブイヤベースのクリーム仕立てまではとっても美味しくいただきました。

牛肉の煮込みを頬張ってる途中で、なんだかいきなり顔が火照り始めました。

iPhoneのカメラで確認したら、顔はもちろん、首も鎖骨付近も真っ赤かですよ。

やっちまいました・・・すっかり気持ちが悪くなってしまいました。

食べかけの牛肉の煮込みも家族にあげ、オレンジジュースや烏龍茶をガバガバ飲んだもののさっぱり駄目です。

その後の栗ご飯も全く食べられず、最後のパイン、柿、梨の美味しいことったらありません。

お楽しみ抽選会も当たらずにくさくさしたのと気持ちが悪いのとで一刻も早く家に帰りたい気持ちだけです。

本当は帰り道、途中で降ろしてもらって、台風一過の夜道をフンフン心地良く散歩していくのもいいなぁ、なんてワクワクしていたのに、そんなのはただの夢に終わりました。

帰宅してからはとにかく早送りのように動きまくってお風呂や着替えを済ませてベッドに潜り込みました。

本当はゆっくり長風呂して、ストレッチして、「マッサン」と「ほっとけない魔女たち」を観て寝ようと思っていたのに、そんなのはただの夢に終わりました。

いつもは飲まない冷たい飲み物をガブガブ飲んだのでトイレに3度も起きました。

 

そして朝、悪い毒が全てカラダから抜け出た感がすごくあって、すこぶる気分爽快です。

お昼休みも青空の下をスタスタ歩いてますます爽快です。

f:id:big-harbor-sun:20141015160228j:plain

たった一杯(正確には飲み干してないのですが)のカシスリキュールで、すっかり酔っ払って毒出しできるなんてエコな酔っぱらいだなぁ、わたし。

広告を非表示にする