おおきなみなとの日々帖

食、本、冷えとり、味のあるカッコイイ役者さん、嵐さんに甘いけれど、日常がいちばん好き。

ずっと入ってはみたかったけれど、どうにも入りにくくて躊躇していたお店でようやくランチしました。

週末は素晴らしい空色でした。

f:id:big-harbor-sun:20141027125718j:plain

国道沿いにお店はあるのだけど、駐車場が前に広くあるものの、その駐車場へは国道からスッと入れずに脇道から入るという一手間が必要。
お店の入り口も中が全然見えないドアなので、まぁなかなか入る勇気がなかったのを旧知の友人と思い切って。


カフェgoofee ゆったりブログ


・・・結果、とても落ち着くこぢんまりとした空間でいい。
色合いも無駄な飾り物がないのもかなりのお好みでした。
天井が高く、ぶら下がり式の電気が3つというのも我が家のリビングに似ているのでしっくりきます。

ランチメニューそのものはパスタ3種とカレーにお肉料理というシンプルなのだけど、メインにサラダと飲み物付きだったり、そこにさらに前菜かスープ付きなどパターンが多く、しかもメインによって選べないパターンなんかもあったりして、ビギナーはちょいと戸惑ってしまいました。
お店の方も何度も確認に来られながらようやくオーダー完了。

前菜付きを選びました。

f:id:big-harbor-sun:20141027114017j:plain

サラダを一口口に入れた瞬間、あ、ここ美味しいかも、と。
ドレッシングの味がちょうどよくて、素材がしゃんとしていたので。
ラタトゥーユもこっくりと味がしみてるのに、野菜たちがクタってなりすぎてない。
鴨肉もやわらかくて、ベリーソース都の相性も抜群。
スモークチーズも固くなくて優しい。
きちんとやってますの姿勢がとても嬉しくて安心感抜群。

 

メインはオイルサーディンとキャベツのペペロンチーノ。

f:id:big-harbor-sun:20141027114050j:plain

パスタの盛りがすこぶるよろしく、サーディンもキャベツもたっぷりでニンマリ。
おぉ~、なんてちょうどいい加減な味わいなんでしょうか。
しょっぱいとか油っこいとは無縁の穏やかさ満載な印象。

友人はきのことたらこのクリームパスタ。

f:id:big-harbor-sun:20141027114127j:plain

大きなしそがきっれい。
こちらもちょうどよい味わいだったそうな。

ハーフデザートが170円でいただけるのでガトーショコラを選んでみました。

f:id:big-harbor-sun:20141027114145j:plain

う~、こちらも甘さがもっさりすることなくてなんと静かな佇まいなのだ。
すっかり魅了されてしまいました。

お天気がすこぶる良くて喉が乾いていてアイスティーなんぞオーダーしてしまったけれど、ここはコーヒーもとっても美味しいんだろうな、という確信が生まれたので、次回は迷わずコーヒーを。
ディナーもかなりの充実感でいただけそうな予感もするし、とっても嬉しい発見でした。
知人のお宅でごちそうになっているような絶大なる安心感と確かなお味。
今まで入れなかった自分を悔やんでしまいました。
その分、足を運ぼうと思っています。

 

友人からカラフルな石鹸をいただきました。

f:id:big-harbor-sun:20141027114227j:plain

ちょっとした気遣いが嬉しいな。

 

美味しいだらけの週末の締めにふさわしい「世界入りにくい居酒屋」を見ました。


世界入りにくい居酒屋|NHKオンライン

世界のどこでも、いい居酒屋は必ず、入りにくいオーラを出しまくっている。 観光客向けのオープンな店とは大違い。

旅の醍醐味は、そうした“地元感”満載の店で、その地の本当の深い文化に触れること。

 

とっても好きなテイストの番組で、しかも入りにくいつながりを経験したばかりだったのでなんとも不思議を感じました。

 

広告を非表示にする