読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おおきなみなとの日々帖

食、本、冷えとり、味のあるカッコイイ役者さん、嵐さんに甘いけれど、日常がいちばん好き。

FNS歌謡祭、紅白歌合戦に匹敵する長丁場でした。

しがみついて観ているわけにもいかないので憎たらしく、めまぐるしい構成ではありましたが臨場感あって楽しめました。
近頃の紅白は見ているほうが心配しちゃうほど寒くなる小芝居やわざとらしいコメントが余計で歌の足を引っ張ってるところが否めない感ありなのですが、歌謡祭というタイトルにふさわしく、強弱つけながらあくまで歌メインというのがいいな、と。
玉置浩二さんの『男はつらいよ』、森山直太朗くんとのコラボ『メロディー』なんてとっても味わいありました。

わたし的には一番の目玉であるジャニーズメドレー、早くても21時過ぎだろうと目論んでお風呂に入ったんですよ。
そしたら心優しい家族の雄叫びがジャニーズ登場を告げたので、慌てて飛び出し、バスタオル一枚でテレビの前に正座して30分近い豪華メドレーを楽しみましたとも。
一番贔屓の嵐さんから二番贔屓のV6兄さんへのタッチがもう最高でした。
ハグしてましたものね。

デビューが遅いグループから遡りながらのメドレーを見て、ジャニーさんという方の先見の目、グループ結成のバランスに感嘆しました。
あっちでぶつかり、こっちでつつかれ、擦り傷から重傷までこしらえながらも先輩から脈々と続く〝ファンを徹底的に幸せにする〟スタンスを貫いて継続させてきたジャニーズというブランドを守ってきている存在の底力に感激しました。

奇しくもこの日、手元には嵐さんライブのチケットが届いていました。
スタンド席なのですが、どうやらかなり良席の気配濃厚です。
少なくとも豆粒サイズではないみたいなので、心は飛び上がっています、間違いなく。


広告を非表示にする