おおきなみなとの日々帖

食、本、冷えとり、味のあるカッコイイ役者さん、嵐さんに甘いけれど、日常がいちばん好き。

人に何かを伝えるということ。

いろんな人たちが集まっている場所で、自分の意見、受け取る側からすると、耳の痛い部類のことを伝えることが大層苦手です。
書けと言われればいくらでも書こうと努めるし、実際にそういうことを何度もやってきたけれども、書けば書くほど余計な尾ひれがついてしまって、あんまりよろしくないような気がします。

とそこで、自分さえ我慢すればいいのだから、と伝えることそのものをあきらめてしまうことも多々あって、でもそのくせ芯ではちっともあきらめてなんかなくって…というパターンが多かったりします。

そんなときに職場の水場で見つけました。
f:id:big-harbor-sun:20141215095732j:plain

なんというわかりやすさとユーモアさ!

こういうのを見ても、どこ吹く風でちっとも改善しようとしない輩もいて腹正しくもなるのだけど、ささやかでかわいい抵抗を続けていけば、いつか大きな結果にだってつながるかもしれないなと。

たくさん学びました。


広告を非表示にする