読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おおきなみなとの日々帖

食、本、冷えとり、味のあるカッコイイ役者さん、嵐さんに甘いけれど、日常がいちばん好き。

紅白、雑多な感想。

テレビまわり。 岡田くんまわり。 嵐さんまわり。

テーマが歌おう!だったせいなのでしょう、賑やかな合戦でした。

しっぽり歌い上げるだけがいいとも思わないけれど、節操というのも好きだなぁ。
 
それでも嵐さんの司会ぶりやパフォーマンス、ジャニーズの活躍ぶりはあっぱれでした。
岡田くんがきちんと嵐さんの曲紹介をしてくれたところは感無量でした。
白ではSMAPとMIYABIのコラボのエッジぶり、紅では中島みゆきさんの魔物ぶり、石川さゆりさんの般若ぶりは迫力満点でした。
 
でも、わたしの心をとらえたのは、AKBの「心のプラカード」で、AKBたちや出演者さんたちがかわいい野心めいたことを掲げている中で、審査員の蜷川実花さんが掲げていたプラカード。
やりたいことは全部やる。
ご両親からの愛をしっかりたっぷり受けて、ご自身も才能に恵まれ、もちろん努力もされているからこその言葉ですが、究極の迷いのなさは眩しすぎますね、はい。
 
わたし的には同じく審査員のタモリさんが良かったんです。
福山くん、グッズありがとう。
思いきりの私信、たまりません!
 
来年は嵐さんが司会を無事に卒業されることを心より願っています。
もう十分貢献したのではないでしょうか。
そろそろ量より質に移行希望です。
 
紅白の後のゆく年くる年の高野山中継が断然沁みた大晦日でした。
広告を非表示にする