おおきなみなとの日々帖

食、本、冷えとり、味のあるカッコイイ役者さん、嵐さんに甘いけれど、日常がいちばん好き。

春なのに?春だから?

お昼休みに春うららな空の下をテクテクと。
f:id:big-harbor-sun:20150402152932j:plain
でも気持ちはそんなに晴れ晴れしないのが春の物悲しさでもあり。
 
今月からいろんなモノの値段が上がりましたでしょう。
その上にです、消費税がまた上がるんですって。
景気回復なんてほんの一部の、インスタグラムのお知り合いの方のコトバを借りるならば、ピラミッドの上のほうくらいでございましょう。
庶民はマーガリンはじめ粗悪な製品でカラダ壊してくださいと言わんばかり。
でも基本は負けないつもりでいます。
ひっそりとたくましく生きてやると決めてはいるんです。
 
でも、でも・・・。
反省も進歩もない状態で気がついた人負け的感覚なのです。
上や下からの無茶ぶりもわかるけれど、それでもやるべきこと、やれることってあるんじゃないかなと。
確かにどうしようもないことっていうのはあるし、それが現実なのかもしれないけれど、どんなふうに工夫していけばなるべくたくさんの人たちがより気持ち良くいられるのかを率直に、ただし後腐れなく話し合う環境があって、確実にカタチにしていけたらいいのに。
特定の人たちだけが心地良いんじゃなくて、お金も気持ちもうまいこと分け合えるような気配りを、それぞれの立場で今よりもほんの少しだけ実践するだけでも違わないかな。
モノをガンガン持って消費したり、自分でばかり独り占めするってのも、いい加減にやめませんか?
 
もっともこの国はそんな世の中を描いてはいないのだろうなぁと思うばかり。
それは今も昔のちっとも変わっていない不動のキマリゴト。
それでもいつの時代も庶民っていうのはたくましいのです。
 
こんなふうに気を揉んでばかりの自分がおかしいのかと誤魔化したり、なだめたりばっかりもなかなかしんどいです。
上っ面だけでなくて、体裁を整えるだけでなくってもっと切り込みたい、まずは自分。
 
春なのに、春だからこんななのかな。
桜が咲く頃にはも少しましな心持ちになってたらいいな。
 
インスタグラムで紹介されていた本、気になります。 
電気代500円。贅沢な毎日

電気代500円。贅沢な毎日

 

 これも。 

もたない、すてない、ためこまない。身の丈生活

もたない、すてない、ためこまない。身の丈生活

 

 

広告を非表示にする