おおきなみなとの日々帖

食、本、冷えとり、味のあるカッコイイ役者さん、嵐さんに甘いけれど、日常がいちばん好き。

つまらなくて感謝。

テレビ番組再編時期、朝ドラ『まれ』以外は、どの局も笑えるくらいにつまらないのでさっぱり見ない日々が続いています。

東京のお店のグルメ情報や芸能人の豪遊ツアーみたいのって需要があるのかな。
ああいうのは流し見だから視聴率が存外取れちゃったりするから勘違いしてるのかな。
流し見してる家族にイエローカード出すことたまにあります。
 
テレビのつけっぱなしが嫌なので、【見たい】ではなくて【観たい】番組は録画して後日ゆっくり観ます。
今は録画したいものもなくて、たまっているストックを消化するのにいい塩梅です。
ストックも整理して、テレビとはできますればもっともっと淡白な間柄になりたいとも思っています。
 
朝はもっぱらラジオです。
民放モノはCMやパーソナリティーのカッコつけさみたいなのが鬱陶しくて遠のいて、『NHKマイあさラジオ』を愛聴しています。

www.nhk.or.jp

この春から番組名が変わり、大好きだった柿沼アナもいなくなってどうなることかと心配していましたが、後任の加藤アナも柿沼アナの雰囲気をより若くしたような落ち着いた爽やかさが心地良くて耳だけの快適なお付き合い継続中です。
何がいいかというと、日本各地からのお便りや情報がしっかりあって、それぞれの暮らしぶりが伝わってくること。
テレビは圧倒的に都会重視感が強くて、それがまぁホントに疲れるからです。
この疲れる感覚は大手出版社さんの女性誌なんかにも感じちゃうのです。
 
テレビがおもしろくないおかげで、積ん読本タイムがあって嬉しい限りです。
ちびちび読み進めていた江國香織さんの『やわらかなレタス』も、とうとうあと数ページです。

 

big-harbor-sun.hatenablog.com

 

おいしそうな食事

旭川のソーダ水

ポタージュと機械

パンと不文律

やわらかなレタス

どーです?ワクワクな目次ばかりが残っていますでしょう?

嵐さんや岡田くん、佐藤健くんや東出昌大くんに興味なくなったらほぼテレビはなくても平気になりそうだけど、なかなかそこまでたどり着けないもの。
でも何となく…そう近くないかもなぁ。

それでも今月末から始まる佐藤健くん主演ドラマ『天皇の料理番』はえらい楽しみだし、相葉さんの月9も録画するだろうし、嵐さんのレギュラーやV6さんがパーソナリティーをつとめる24時間テレビなんかもそれなりに見ることになるのだろうな。
一点集中になれないことこそがわたしだから。
広告を非表示にする