読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おおきなみなとの日々帖

食、本、冷えとり、味のあるカッコイイ役者さん、嵐さんに甘いけれど、日常がいちばん好き。

お次はどれにしましょうか、のお楽しみ。

読書まわり。 高山なおみさんまわり。 日々まわり。

 

https://instagram.com/p/1F2EyexKNc/

積ん読本がどんどん増えています。そしてまた近々届く予定。時間がたんと欲しい!!#積ん読本#高山なおみ#高橋みどり#角田光代#江國香織#岡田准一#マーマーマガジン#冷えとり

江國香織さんの『やわらかなレタス』、とうとう読了してしまいました。

丁寧でブレない江國さんならではの感覚からの様々な食にまつわるエピソード、どれも心地よい満腹でした。

    熱々の肉料理も勿論おいしいのだけれど、コールドミートには、なんというか、旧い友達のような心やすさがある。だからつい、気をゆるしてしまう。いつたべても大丈夫。満腹になったり苦しくなったりはしない。さらにすばらしいのは、コールドミートの冷淡さというかっそっけなさ、礼儀正しさで、旧い友達ではあっても過剰に親しげな顔をしないところだ。なれなれしくないし、うっとうしくない。

比喩がお上手でため息です。

私もコールドミート、そう、ロースハムみたいな存在を目指したいものです。

 

さてさてお次はどれにしましょうか。

本好きとしては、次に読む本を決めるときの悩ましさのシアワセったらないのです。

本当はすぐにでも角田さんの愛猫さんエッセイに飛びつきたいのだけど、そうでなくても重篤な猫さん飼いたい病なのがますます進行しそうなのでグッと我慢です。

高山さんの新刊が近々届くことになっているから一番妥当な線は、高山さんの『はなべろ…』を再読することなのだけど、待ちに待った連載をまとめた一冊なので勿体無いのです。

岡田くんという気分じゃないしなぁ…というときには迷わず『日々ごはん』の続きに戻ればいいのです。   

 

日々ごはん〈2〉

日々ごはん〈2〉

 

大好きな高山家の年末年始ムードを味わえる12月(2002年)を読んでいます。

酔っ払いっぷり、寝坊っぷり、自由っぷりが突き抜けている高山さんをときに戒めたりするけれど基本はどっしりと動じない旦那さんのスイセイさんと、当時同居していたスイセイの娘さんとの様子もまったくもって自由な家族そのもの。

だからと言って仲が悪いとかではなくて、お互いをそのまま、まさに“ありのまま”でいられる成熟さがいいなぁ。

帰りが定時よりもちょっと遅くなる→夕食時間が遅くなる→片付けが遅くなる→お風呂の時間が遅くなる→自分の時間がなくなるのをイライラしてしまう自分含めての家族にはない自由度と成熟度なり。

お互いがしっかりしなゃ、頑張らなきゃ、をストンと降ろして、ダメダメなところを的確に叱りつつも丸ごとポンって受け止めてくれる存在、しかも異性でいてくれたら恍惚なんだろうなぁ。

でも同時に、失くしたら、亡くしたら・・と思うととても怖いけれども。

いろいろあったりごたごたあったりした時に読むと、落ち着くんです

日記の中で、高山さんのファンの女の子が高山さんに言ってくれた言葉。

おんなじです、わたしも。

てらいがなく力みもない普通の言葉の中に、正直な気持ちが詰まっている。

知人のプライベートなお遍路さん日記を読んでの高山さんの言葉。

これもまったくもって同感です。

この法則?を知ってからは、ややこしいモノなどno", thank youです。

読書再開記念に残りの9〜12までポチッとしました。   

日々ごはん〈9〉

日々ごはん〈9〉

 

  

日々ごはん〈10〉

日々ごはん〈10〉

 

  

日々ごはん〈11〉

日々ごはん〈11〉

 

  

日々ごはん〈12〉

日々ごはん〈12〉

 

 『日々ごはん』に関しては、節約の意味もあるけどなんだか中古本のほうがしっくりいく感じがして、中古本で状態のいいモノを探しては少しづつ集めてきました。

 

https://instagram.com/p/1W7vfUxKNG/

あと一冊届くとコンプリートです。これは日光浴させてはいけませんね。#高山なおみ#日々ごはん

残りの11、そろそろ届くかな。

そして毎週月曜に更新しているふくう食堂/日々ごはん2015で、『今日もいち日、ぶじ日記』が文庫になるのを知って狂喜乱舞です。

待っててよかった。 

今日もいち日、ぶじ日記

今日もいち日、ぶじ日記

 

 それにしても新刊の到着が待ち遠しい。  

 

きえもの日記

きえもの日記

 

 

 

広告を非表示にする