おおきなみなとの日々帖

食、本、冷えとり、味のあるカッコイイ役者さん、嵐さんに甘いけれど、日常がいちばん好き。

これぞ老舗の気持ちよさ。

久しぶりに老舗中の老舗のお食事処でお昼ご飯を食べました。

www.kashimaya.jp

新潟県民でここを知らない人はいないであろう加島屋本店の2階にある番屋長作。
開店後10分後くらいに行ったのにすでに満席で15分ほど待ちました。
ここは待つ場所もきれいで広くお茶も飲めるし、長時間待つなら階下で買い物できるので苦になりません。
何よりお店で働いてる皆さんがちっとも騒がしくなくて、ゆったり丁寧な接客が心地いいです。
きっと福利厚生がしっかりしていてお客様を大事にするように社員も大事にしているのだろうなぁ。

おいしいソフトクリームも付いてお得感たっぷりな特別御膳(ひと月ごとにメニューが替わります)を迷わずに。今回は柳かれいと竹の子の天丼。

f:id:big-harbor-sun:20150430095356j:image

メインの天丼は素材が間違いないので安心で確実な美味しさな上に、味噌汁にはガラではない立派なシャケの身がコロッと入っててすんばらしいし、漬物、サラダ、果物の細部までもきちんとしてて気持ち良さと安心感がどっしり。

老舗なのにしゃちほこばってない雰囲気も相まってとても気持ち良いです。
食後にはおこっぺソフトと呼ばれる濃厚ソフトクリームをペロリ。

f:id:big-harbor-sun:20150430095644j:image

コーンもお店で焼いているのでパリっとして美味しいです。

近くの席でおにぎりセットをきれいに食べていた老夫婦がかわいらしかったです。

食後に奥さんが供された紙のおしぼりでテーブルをきれいに拭いて、そのおしぼりを持ってお帰りになりました。

ゴミを残さない姿勢なのか、はたまたすごくがっちりされていて再び使うのかは定かではありませんが、とにかくテーブルの上はすぐに待っているお客様を迎えられるほどのきれいさでした。

当たり前のことをひたすら真摯にやられているから老舗という位置にいけるのだろうなぁ。

そしてそこを愛するお客様もまたそんな心持ちでいたら、お互いに心地よいのでしょう。

広告を非表示にする