おおきなみなとの日々帖

食、本、冷えとり、味のあるカッコイイ役者さん、嵐さんに甘いけれど、日常がいちばん好き。

フクシマのち狐の嫁入り、ほんでもって助六寿司。

連休の早い頃、フクシマへ行って来ました。

お目当ては朝ラーならぬ10時のおやつラー。

matome.naver.jp

今まではまこと食堂さんに行くこと多数でしたが、王道のばんないさんに挑戦しようと思ったら、まぁとんでもないほどの行列ではないですか。さすが黄金週間。

というわけであっさり諦めました。

f:id:big-harbor-sun:20150506101735j:image

こちらも評判高くて実際に行かれた方も太鼓判押されてたので、すぐお隣の小さなお店松食堂さんの列に並びました。
待つこと20分ほどでいただくことができました。
f:id:big-harbor-sun:20150506101747j:image
麺がちょっとだけ太めでもちもちしてて好きな食感。
チャーシューは濃い味で優しいスープに合います。
おかわりしたくなるほどの美味しさでした。
 
久々に裏磐梯へドライブして、残雪の多さや、猫魔ホテルが星野リゾートグループホテルになっていてびっくりしながら、優しいラーメンではとても足りないお腹を満たすべく”焼きたて”パンを求めて高原のパン屋さんへ。
f:id:big-harbor-sun:20150506111952j:image
さすが黄金週間です。 パンは何もありません。
唯一出来上がったというモカあんぱんを買って家族でシェア。

https://instagram.com/p/2NivT5xKJs/

アツアツで美味しかった。持参したアイスコーヒーで。

外側はパリパリで中にはコーヒー味のクリームがたっぷり入っていました。

コーヒーも紅茶も好きだけど、”コーヒー味”や”紅茶味”なんていう謳い文句のある商品が好みじゃないのですが、黄金週間はそんな我儘言ってられないし、実際に出来たては美味しかったです。

 

f:id:big-harbor-sun:20150506101812j:image

悠大な磐梯山を見ながら、小学校の修学旅行でバスガイドさんが歌っていてなぜかずっと印象に残っている野口英世の歌を自然に歌う怪しいおばさん。

 

文部省唱歌野口英世

 一 磐梯山の動かない/姿にも似たその心/苦しいことがおこっても/つらぬきとげた強い人/

 二 やさしく母をいたはつて/昔の師をばうやまつて/医学の道をふみきはめ/世界にその名をあげた人

 三 波ぢも遠いアフリカに/日本のほまれかがやかし/人の命すくはうと/じぶんは命すてた人

だけど野口さん、なかなかの借金魔だったりもするんですよね。

いいなぁ、人間らしくって。

https://instagram.com/p/2NQ0-kRKOg/

出来立てのお饅頭の試食をいただく。#柏屋#饅頭 

https://instagram.com/p/2THlLBRKCo/

たくさん買ってきたのです。#山菜#コシアブラ

 

遊び呆けながら、気持ちの奥底ではアアルトさんのブログの余韻がずっとありました。

blog.goo.ne.jp

それゆえにマナー最悪で群れているツーリング野郎さんたちや、どこでもワンコを連れ回す節操なき”分断している”人々なんかにがっくししたりも。

群れてる方々というのは、とかくその狭い群れ仲間さえ良ければいいじゃん、みたいなところが強い印象だから辟易しちゃうんです。

矛盾しそうな考えだけれど、立派なオトナたるもの、ひとりをより愛することができれば、もっと他者を思いやることができると思ってしまいました。

ひとりを愛せる人にもっともっとわたしもなりたい。

 

帰り道、津川町狐の嫁入り行列イベントに遭遇して寄り道。

www.town.aga.niigata.jp

時間的にちょうど良かった子狐の祝踊り。 

f:id:big-harbor-sun:20150506101830j:image
ちっちゃな子が一生懸命踊る姿が健気というか素直というかでウルウル。
 
狐さんたちをたくさん見たら、無性においなりさんが食べたくなりまして、夕食には助六寿司を。
f:id:big-harbor-sun:20150506101843j:image
おいなりさんは普通だったけれど、だし巻き卵と鯖の押し寿司がとっても美味しかったのでした。
広告を非表示にする