おおきなみなとの日々帖

食、本、冷えとり、味のあるカッコイイ役者さん、嵐さんに甘いけれど、日常がいちばん好き。

どうしても好きになれない人には感謝。

 

big-harbor-sun.hatenablog.com

どうしても好きになれない人との狭小空間での作業は正味たった3日弱。

基本そういう人でも比較的支障なくオトナのお付き合い程度はできるタイプなのだけど、相手はなかなか手強くてしんどかったなぁ。
 
しかしどうしてもこうも好きになれないのだろう?
 
  • 遅刻常習犯で何の反省もしないから。
何度言ってもさっぱり直らない。
 
  • 仕事場での相槌が、“はいはい”、あるいは“ええええ”ではなく、“うんうん”だから。
上司にも。
 
  • ひとつのことをやりだすと周りが全く見えなくなって、状況判断ができなくて何かにつけてちっとも気が利かないから。
とにかく出遅れる場面が多過ぎ。
 
  • “友だち”、あるいは“友人”という言葉を使わずに、“仲間”を使うから。
元ヤンですかい??と問いたい。
 
  • ひとまわり近くも年下なのに、“もう年だから疲れちゃってダメです”など、自分はすでにいい年発言をするから。
確かにもはやハツラツ感はないけれども。
 
  • しないほうも悪いのかもしれないけど、“どうしてずっとひとりなんですか?したいと思ったことはないんですか?”と何の躊躇もなく聞かれたから。
セクハラですか。
 
  • 食べ物の好き嫌いが激しいのもあるのか、食べたことがないのがかなり多くてさっぱり話が通じないから。
今までどうやって育ってきて、どんなふうに子育てしてるのだろう。
 
  • 外食の話題になると、“しょっぱくて無理だった”発言ばかりで楽しくないから。
味気ないものばっかりだと人間も味気なくなるのだろうか。
 
  • 話に面白みというものが大幅に欠けているから。
これが一番のとどめかもしれません。
話のツッコミがそこかい!ってところなのもかなりしんどい。

でもそういうわたしだって、
 
  • 朝からテンション高すぎてうるさい。
  • 勢いでしゃべりすぎるから誇大表現が多い。
  • 自分の話を聞いて欲しくてたまらない感がうざい。
  • 何でも大袈裟。
  • 人の話をきちんと聞かない。
  • 周りが見え過ぎて余計なことまでしてしまう。
  • 自分を過信しがち。

家族からいつも言われるどうしようもないところがたくさんなのだ。

こんなわたしが笑って楽しく付き合える家族、”友人”あるいは”知人”の存在のありがたいことよ。

好きになれない人や自分のどうしようもないところのおかげで、彼らのありがたみを深く感じられるのかもしれません。

 

https://instagram.com/p/2mi0d_xKBx/

連休明けからの、どうしても好きになれない人との地味作業からやっと解放されて爽快!夏のお楽しみの予習して気持ちがしっとり。自分が心地良くなることを大事にしていこっと。#奈良

この夏、そのありがたい存在と心地良くなる旅に出かける予定。

修学旅行以来の再訪なので何もかもが新鮮そうです。 

奈良おでかけ地図

奈良おでかけ地図

 

  

奈良おさんぽマップ (ブルーガイド・ムック)

奈良おさんぽマップ (ブルーガイド・ムック)

 

  

歩きたくなる奈良の本 (えるまがMOOK)

歩きたくなる奈良の本 (えるまがMOOK)

 

  

御朱印でめぐる奈良の古寺 (地球の歩き方)

御朱印でめぐる奈良の古寺 (地球の歩き方)

 

  

奈良のたからもの―まほろばの美ガイド (集英社be文庫)

奈良のたからもの―まほろばの美ガイド (集英社be文庫)

 

  

乙女の奈良雑貨屋&カフェさんぽかわいいお店めぐり

乙女の奈良雑貨屋&カフェさんぽかわいいお店めぐり

 

  

「くるみの木」「秋篠の森」からの案内状 おとなの奈良めぐり

「くるみの木」「秋篠の森」からの案内状 おとなの奈良めぐり

 

 

広告を非表示にする