おおきなみなとの日々帖

食、本、冷えとり、味のあるカッコイイ役者さん、嵐さんに甘いけれど、日常がいちばん好き。

さよぅなら~、朝ドラと大河ドラマ。

朝ドラ、まれちゃんがはちゃめちゃに元気に頑張っていたし、桶作夫妻は大好きで名残惜しいんですけど…見るのやめました。

www.nhk.or.jp

たまにはホロってきたこともあったけれど、う〜ん、観たい!っていう気持ちに欠けるようになってしまいました。
横浜に舞台が移ったのがいいきっかけになりました。
 
同じように夢に向かってはちゃめちゃなのが、佐藤健くんの『天皇の料理番』。
これは楽しみでしょうがない。

www.tbs.co.jp

毎回泣けるんだけれども、先週は嗚咽でした。
お兄ちゃんと俊子さんの大きくて本物をはじめ、たっくさんの愛に支えられて真心を忘れないで頑張る篤蔵さん、もはや健くんにはまったく見えないです。
 
まれも土屋太鳳ちゃんが奮闘していて、まれにしか見えないのだけど、何が「天皇の料理番」と違うんだろう…と考えると、
  • 単純に脚本がわたし好み(「ごちそうさん」「とんび」を書いた方)。
  • 主役以外の脇の演者さん皆が役に合っているように思う。
これに尽きます、わたしには。
そして大河ドラマもたまりがちだったのですが、もういいやって気持ちになってしましました。

www.nhk.or.jp

  •  長州が美化され過ぎてる気がする。
  • あんまりにも登場人物が多過ぎて、焦点がぼんやりしている気がする。
とにかくこちらも、観たい!っていう気持ちが薄れてしまいました。
朝ドラも大河も挫折して、おかげでより身軽なテレビ生活、嬉しい限りです。
広告を非表示にする