読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おおきなみなとの日々帖

食、本、冷えとり、味のあるカッコイイ役者さん、嵐さんに甘いけれど、日常がいちばん好き。

下半身だけは真冬並みで。

https://instagram.com/p/4BHNgUxKJQ/

昨日の青。徳永さんの『君の青』が聴こえてきそう。

まだ梅雨入り前なのに先週半ば頃からムンムン蒸し暑さで体調しゃっきりせず。

ひたすら早寝早寝を心がけています。

ひどいときには右足が異様にだるくて下げておけなくて、仕事中も机の下にスツールを置いて乗っけてたくらいでした。
お灸してもマッサージしてもダメでまぁ切ない切ない。

それでも『病は気から』信者なので、まずは気持ちで負けちゃいかん!と気にしないように心がけ、徳永さんの美声シャワーのおかげで毒出しもできたせいかシャキッとしました。
そうこうしてたら今度は左の歯茎全般が疼くじゃあございませんか。
歯茎がびよ~んと腫れている痛みでこれは以前も経験済み。
そのときは歯医者さんに行ったけど、歯茎の腫れを抑える薬をもらっておしまいでした。
行きませんよ、だから今回は歯医者さんには。
「自分の体の声はまずは自分が聞いてあげなきゃ」と思っているので、まずは1週間ほど様子を見るのがわたし流。
大抵の不調は1週間ほどで去ります。
あんまりにも長引くようなら、ようやく行きますよ、仕方なく。
 
今年ほどこのじめっとした季節を過ごしにくいと感じたことはありません。
加齢も影響しているのは承知しているけれど、それでもひとり思案していたところにバチンと出会ったのが、マーマーマガジン編集長 服部みれいさんの行きつけの鍼灸の先生がみれいさんに言った言葉。
梅雨時は体内も湿気たっぷりになっていて、カラダが冷え冷えになっている。
なんだかとてもストンときました。
わたしの場合、元々の体質が『暗くてじめっとした地下の倉庫』に近く、常に体が湿りがち。
そんな人が梅雨時は外からも湿気をもらってしまえば間違いなく体はより湿りっ気を増してカラってすることがないわけなのでむくんだり冷えるのでしょう。
 
そんなわけでシルクと綿のレギンスを2枚重ね、靴下も真冬並みの6枚履きに戻したらかなり、いいえ、相当良くなりましたとも。
というわけで下半身だけは真冬並みの装備で梅雨時を過ごそうと思います。
生姜やスパイスをじゃんじゃん食べて体の水はけも良くしようと思います。
あとは食べたい欲求との騙しあいと、もう少し運動、とよ〜く理解していますとも。
なくした万歩計がひょっこり出てきたし、歩くのをまた再開しなされ、ってことなのかな。

 

big-harbor-sun.hatenablog.com

 ◎これを家族に譲ったのですが、 

big-harbor-sun.hatenablog.com

 ◎健さんがどうやら返してくれたみたいです。

 

murmurmagazine.com

◎毎日欠かさずチェックしています。 

 

マーマーなブックス アンド ソックス

◎上質な冷えとり関連モノ、ずらりとございます。

 

シルクふぁみりぃ |

◎最も買い物をしているところです。

広告を非表示にする