おおきなみなとの日々帖

食、本、冷えとり、味のあるカッコイイ役者さん、嵐さんに甘いけれど、日常がいちばん好き。

ハイジみたいな高山さん日記。

https://instagram.com/p/1qK4hnRKKW/

待望の一冊。#高山なおみ#きえもの日記

装丁の素晴らしさにうっとりしながら、ペラペラとめくってみたり、まえがきをかじってみたりしながらも、もったいないからまだ我慢!って思っていたのだけど、「日々ごはん3」を読み終えちゃったし、あらためて高山さんの日記を読んだらもう駄目です。 

ふくう食堂/日々ごはん2015

@2015年4月15日より

その日は『きえもの日記』が届いて、仕事の途中に読みはじめたら止まらなくなった。
アリヤマ君のデザインがすばらしく、「まえがき」を読み、もくじを見て、本文に突入した。
もう自分が何を書いたのかほとんど忘れているので、誰か知らない人の体験記をはじめて読んでいるような感じになって、何度か涙が噴き出したりもした。
仕事でも何でも、やりたいことに向かうと無我夢中で、身も心も使い果たしたがるこの性分。
この人は、本当にどうしようもない人だと思った。
最近、私は図書館で借りてきた『アルプスの少女ハイジ』を毎晩見ていて、この間スイセイが布団に入ってきたときに、1話だけ一緒に見た。
「この子はどうしょうもない娘なんじゃのう。ほいじゃがおれは少し哀しい。なんでかいうと、この世ゆうのはその反対のことの方がたくさんあるから」と言っていた。
『きえもの日記』の中の私は、ちょっとハイジみたいでもあった。

スイセイさんったらやっぱり天才だよなぁ、観察の。

まるで朝ドラ『まれ』の桶作元治さん(なつかしいな、お元気かしら)みたいに静かで深い。

読んじゃいます、もう。

カバー装丁もそれはそれはすばらしいのだけど、実はカバーをはずしてもまたまたとっても素敵でたまげたし、はじめに、の中にある『実感のある料理メモ』を読んでるだけでじんわりします。

中に織り込まれている写真どれもこれもが温かくてやさしくて泣けそう。

そして夏が、ジリジリの夏がたまらなく恋しくなってしまいます。

「すいか」のDVDも観たくなります。

2003年3月26日の『日々ごはん』にあった高山さんの、待ちに待った本の到着への反応がわたしと同じだったのがクスッときました。

パラパラと、まだ読まないようにしてページをめくるが、気がつくと最初の八ページほど、もう読み進んでいた。後でじっくり読むのだから、がまんがまん。

そうこうしていたら届きました。

https://instagram.com/p/4ffO_oRKMN/

届いちゃった。

単行本とはまた違う表紙絵が素敵。そしてあとがきが、あのスイセイさん!!

すぐにでも読みたいのだけど、ただいま『きえもの日記』をチビチビ読み中なのでしばし我慢

東日本大震災後に被災地を夫 スイセイさんと訪れたときの日記が主となった特別編成の『日々ごはん』です。

単行本で読んではいるのですが、何度も読み返したいので。

今日もいち日、ぶじ日記 (新潮文庫)

今日もいち日、ぶじ日記 (新潮文庫)

今日もいち日、ぶじ日記

今日もいち日、ぶじ日記


  

すいか DVD-BOX (4枚組)

すいか DVD-BOX (4枚組)

 

big-harbor-sun.hatenablog.com

  

big-harbor-sun.hatenablog.com

  

big-harbor-sun.hatenablog.com

  

big-harbor-sun.hatenablog.com

広告を非表示にする