読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おおきなみなとの日々帖

食、本、冷えとり、味のあるカッコイイ役者さん、嵐さんに甘いけれど、日常がいちばん好き。

参加する思いはいろいろだけど。

本日、嵐BLASTin宮城最終日なり。


f:id:big-harbor-sun:20150923162057j:image

お天気の崩れる心配なくていい夜になりそうです。
 
まさに宮城の初日の帰り、深夜2時にツアーバスを降ろされて途方に暮れながら、始発まで時間をつぶした居酒屋さん。 

big-harbor-sun.hatenablog.com

big-harbor-sun.hatenablog.com

朝の4時半にラストオーダーを取りに来た女の子が、

「嵐行って来たんですか?」

と話しかけて来たのです。

とっても良かった、楽しかった、お祭りだった、という話をしたら、

「最終日行くんですよ。 そのために毎日頑張っているんです!!楽しみです。ありがとうございます。」

ニッコリ微笑んで仕事に戻って行きました。

帰り際にも、「お気をつけてお帰りください。」と送り出してくれた女の子。

この日のために日夜、朝方まで頑張っている女の子がなんだか健気で、おばさん、素直に感動しました。

 

いろんな人がいます。

最初からあきらめてチケットを取らない人。

チケットがなくても音漏れ、グッズを求めに行く人。

何としてでもチケットを確保するべくあらゆる手段を駆使して、1日どころか、2日、もしかして3日、いやいやもしやもしやの4日間すべて手にして参加する人。

会場の激混みで長蛇の列のトイレで時間をかけて着替えまでしちゃう人。

帰りの交通手段の都合で途中でさっさと帰る人。

 

嵐を思うカタチはそれぞれ違っていいんだと思います。

だけど、やっぱりこの異常な争奪戦の中で、たった1日の幸運に思いを込めて、そのために日々を確実に過ごして、当日はできるだけ迷惑かけたりしないで、できるだけゆったりした心持ちでいたいです。

少なくても居酒屋で頑張っていた女の子には、今日は何としてでも楽しんでほしいのです。

広告を非表示にする