おおきなみなとの日々帖

食、本、冷えとり、味のあるカッコイイ役者さん、嵐さんに甘いけれど、日常がいちばん好き。

役者としてのニノ。

随分前のことなのですが、レンタル半額クーポンがあったので若かりし頃のニノさんの話題作を思い切ってレンタルしました。 

青の炎 Blu-ray

青の炎 Blu-ray

そう、思い切らないと観ることができません。

なにしろ蜷川さん監督作品ですから重たいのはわかっています。

そして想像していたような重たさでした。

先日読んだ『逢沢りく』もそうだったけれど、10代の切れ味抜群の感受性と完璧主義ってとても切ないのですもの。     

 

逢沢りく 上

逢沢りく 上

 

 

 

逢沢りく 下

逢沢りく 下

 

しかしニノはやはり天才だなぁとしみじみ思いました。

『嵐』という冠がまったく滲むことのない役者っぷりで、物語にどっぷり引き込まれてしまうからしんどさもドシンって来ちゃうのです。

嵐の他4名ももちろんいい役者さんだと思うけれど(若干の贔屓目ありましょうが)、どこかしらに大いに、かすかに嵐がじわじわと滲みますもの。

ニノには岡田くんのようにもっともっとお芝居にも精進してほしいけれど、ニノは嵐がいっちばん好きで、嵐という冠がまったく滲まない本格派なのに、嵐でいることを優先しているところが面白いです。

只今絶賛公開中の作品、年内にきっと観に行こうと思っています。

年末年始には特別ドラマもあるし、役者ニノに触れる機会が多いのがとても嬉しいです。

hahatokuraseba.jp

www.tbs.co.jp

新春ドラマスペシャル『坊っちゃん』 - とれたてフジテレビ

広告を非表示にする