読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おおきなみなとの日々帖

食、本、冷えとり、味のあるカッコイイ役者さん、嵐さんに甘いけれど、日常がいちばん好き。

歳をとるということ。

真夏に続いて歯茎の調子がよろしくないです、今度は右側ですが。
でも食欲旺盛なので痛くないほうの歯を駆使してあれこれと食べてます、ゆっくりと噛みながら。 

私の場合、免疫力が低下すると風邪引き方向にはいかずに口唇ヘルペスや歯茎の腫れにいきがちで今回もその傾向をいっています。

虫歯だったら削っておしまいだけどそうはいかずに、歯医者さんに行っても治療というよりはひたすら歯石除去とブラッシング指導ばっかりなので、よっぽど汚い歯なのだろうか、下手くそブラッシングなんだろうか…と気持ちが大層萎えます。 
そして歯医者さんがもっと安かったら喜んで通いますが、なにしろお高いのにも萎えます。

病は自己管理が悪い証拠というのが家訓なので、家族は誰も優しくなどしてくれません。
粗塩で歯茎マッサージ&イソジンで口腔掃除すれば治る!と言われてやっています。
確かに痛みは穏やかになっている気がします。

そして冷えとりガール的には半身浴1時間みっちりやっていたのですが、歯痛があるのにあっためるなんて言語道断!即やめなさい!と家族に猛攻撃されて20分程度の短縮版でしのいでいます。
これも確かに痛みが穏やかな気もしないでもないという。

家族の意見にも耳を傾けないと、冷えとりの概念を悪しき宗教めいたものと思われがちだし、ガチガチなこだわりは心を冷やすだけなので柔らかくしていようと思っています。

いっときひどかった足の汗は不思議なことにだいぶおさまってきました。
レインブーツに百均のインソールを入れていたのですが、もう少ししっかりとしたのに交換したのも良かったみたい。
レギンス3枚履くと足汗が穏やかであるという友人もいたり。
とにかく検証あるのみです。

そして今日は歯医者さんの予約の日。
ホントは今日の検査でおしまいなはずだったけど、この様子だと卒業できなさそうだなぁ。

体が満点に心地良い状態を期待しないように、上手にやり過ごして行く術を覚えていくことを、「歳をとる」というのだろうか。

f:id:big-harbor-sun:20160205091536j:image
いつかのAustralia旅で見つけたユニークな名前のお寿司屋さん。
紛れもなくOBA-SANだ。
広告を非表示にする