おおきなみなとの日々帖

食、本、冷えとり、味のあるカッコイイ役者さん、嵐さんに甘いけれど、日常がいちばん好き。

『丸山健太郎さんと開く、コーヒーとおにぎりの新しい扉』

丸山珈琲社長の『丸山健太郎さんと開く、コーヒーとおにぎりの新しい扉』なるセミナーinナカムラコーヒーロースターsへ参加してきました。

おにぎりとのフードペアリング前に入門編のドライフルーツやチョコレートとのペアリングからして大興奮でした。

f:id:big-harbor-sun:20160313120001j:image
 
合わせる珈琲によってまったく印象が違うのです。
ケーキなどのスイーツと合わせるよりも珈琲そのものの味わいもずっと楽しめるということも。
ドライフルーツと珈琲にしばしハマりそうです。
 
真打ち登場です。 

f:id:big-harbor-sun:20160313120053j:image
 
丸山さんのお話をお聞きしながら、基本は似たもの同士のペアリングで煮菜(にな)、ゆかり、鶏そぼろの三種のおにぎりと四種のとびきりおいしいコーヒーそれぞれの共通の個性を探っていく作業はワクワクでした。
同じおにぎりでも合わせるコーヒーによって生かされもするし、うぅ~ってこともあるのが面白かったです。
 
相性云々もさることながら、新潟の小千谷産のお米のおにぎりそのものがそれはそれは美味しかったのも大きかったです。
新潟の食の豊かさも再確認できたことも収穫でした。 
 
塚地武雅さん似の丸山社長のエネルギッシュな源は一体どこから湧いてくるのでしょうか。
珈琲がそんなに好きじゃなかったという点もとても興味深く、珈琲は難しいところが魅力的だとも話されていました。
盲目的ではない確かな徹底ぶりはプロ中のプロだなぁと思いました。 
丸山さん、今頃はホンジュラスにいられることでしょう。 
 
珈琲好きであることに違いないけれども、丸山健太郎さんの熱のこもったお話やなかなかマニアックそうな参加者の皆さんの質問等々を伺いながら、自分の無知さに愕然としていましたが、こんな私でも温かく迎えてくださるナカムラコーヒーさんの懐の深さに感謝です。
ナカムラコーヒーのご夫妻、わたしが思っていたよりもずっとずっとスゴいお二人なのだというのも学びでした。
ご縁というのは一番の宝物です。
広告を非表示にする