おおきなみなとの日々帖

食、本、冷えとり、味のあるカッコイイ役者さん、嵐さんに甘いけれど、日常がいちばん好き。

上田市、長野市、そして新潟のパッとしないながらもかなり好き論。

 

https://www.instagram.com/p/BGxxOTBxKFI/

hotelのコーヒーがお粗末で猛列に美味しいコーヒー求めて出かけてきました。

雰囲気も棚もコーヒーもパンもサイコー!

上田市のブックカフェnaboさんにて。 

www.nabo.jp

 

https://www.instagram.com/p/BG1A25LxKN5/

旅から戻った昨夜の夕食。

ところてんに酢生姜たっぷりかけてむそせうになりながらすすりました。

上田のルヴァンで買ってきたチビクロがうっとりの美味しさで奪い合いでした。

https://www.instagram.com/p/BG1BA--RKOO/

この雰囲気を思い出しながら…。

ルヴァン上田店にて。

柳町~上田の観光地北国街道柳町~: ルヴァン

https://www.instagram.com/p/BG1CDw2xKAO/

こちらも抜群の優しい老舗感で大好きです。必ず寄ります。そしてもちろん買います。

こちらは実はジャムが豊富でとっても美味です。

みすゞ 飴で有名な上田市 飯島商店さんにて。

misuzuame.com

 

https://www.instagram.com/p/BG1C16KxKBi/

逞しいお見脚も思い出してウットリ。

長野市 善光寺光にて。

 

https://www.instagram.com/p/BG1HIpIxKKL/

 

旅の締めは、なぜかデニーズのハンバーグをご飯なしで。新潟にはデニーズないので、なんだか懐かしくて。

熱々のハンバーグを頬張りながらくっきりした決定的なこと。

宿の夕食がキツかったのは、熱々がほとんどなかったからだ、と。

出来立てという言葉とは無縁の品々ばかりだったから悲しい気持ちになったのだ、と。

旅は学びです。

松本の雰囲気は私には格別です。

都会感とまったり感のバランスが私には心地良いです。

安曇野も開放感あって住むならここだなぁ、松本にも近いし…とか妄想も膨らむというもの。

上田はルヴァンがあるだけで行く価値大で、そこに今回お初にお邪魔したnaboさんがまた良かったです。

naboさんのお店の方、一見すごぉ〜く個性的で圧倒されそうなのだけど、本棚のジャンルが豊富で、こだわりが偏ることなく、間口が広くて安心空間でした。

パンもコーヒーも間違いなくて。

長野は家族のリクエストで善光寺詣り主体でしたけど、やはりしっかりした大学のある街らしい風格がいいですね。

仙台にも通じる佇まいがあります。

 

長野は歴史的にも裕福な方々の避暑地であったり、教育熱心だったりするので洗練さや気品があるように思います。

町並み自体がとてもきれいですし(家族曰く、新潟みたいなトタン屋根がなくて、暮らしが豊かそうだと)。

 

心の底の底から地元が好きだ〜!とは叫べないけれど、俺が俺が、私が私が…という意識が希薄で控えめ気質でぬるま湯で刺激はまるでナシだけど生まれ育ったところなので落ち着き度は抜群です。

お隣は我が強くて商人魂がメラメラでたくましいなぁと思うけれど、仲間内だけで盛り上がる感じも匂ってしまってちょっと疲れます。

新潟県内でものすごぉ〜くいいなぁと思うところはそうそうないけれど、そのあんまりパッとしない感じこそが新潟らしさなのかなぁと思うこの頃です。

そんなにあくせくすることもなく、ただただ自然の恵みと地味な暮らしを享受することを良しとする、みたいな。

 

願わくは、この街があちこちで住んだ経験をした若者に目を向けてもらえるような街になってほしいなぁ。

広告を非表示にする