読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おおきなみなとの日々帖

食、本、冷えとり、味のあるカッコイイ役者さん、嵐さんに甘いけれど、日常がいちばん好き。

高山なおみさんinグレーテルのかまど、待望の新刊2冊同時発売。

https://www.instagram.com/p/BHKN7STg8gv/

『グレーテルのかまど』は佐藤雅子さんの夏みかんのプディング。

佐藤さんを敬愛している高山なおみさんも登場しました。

神戸へ引っ越す前の撮影だったので、これは吉祥寺のご自宅ですね。

小洒落感よりも暮らしぶりがきちんとある台所、憧れです。

www4.nhk.or.jp

 

そして小躍りするような嬉しい近況が、「日々ごはん」に。

 

 ●2016年6月24日(金)晴れのち曇り、のち雨 より

さあ、今日から『ロシア日記』と『ウズベキスタン日記』の最終校正をはじめよう。
装丁も、帯も、デザインも、中に挟み込まれる川原さんの絵のレイアウトも、すべて上がってきた。
ロシアとウズベキスタンで見た景色、出会った人のこと、食べた味、空気の匂いを、ただただそっくりそのまま写しとろうとするのに精一杯の、私の子どもじみた文章に、貫禄ある大人っぽい服を着せていただいた。
葛西薫さんがやってくださいました。
この本は、このまま順調にゆけば、2冊同時に7月中旬に発売されます。

 

 雑誌での連載中、読みたいのをじっと我慢して、一冊にまとまるのをじっと待っていました。それが1冊どころか、なんと2冊で発売だなんて嬉しすぎます。

フランス日記をもう一度読み直したくなっています。


 ⚫ある日の『日々ごはん』より
    たくさん買い物をするのは、自分のどこかが傷がつくような感じになる。
ひとつの物をずっと使い続けるって、安心して落ち着く。
物が増えるのは不安な証拠。

しっくりきます。

ロシア日記: シベリア鉄道に乗って

ロシア日記: シベリア鉄道に乗って

 
ウズベキスタン日記: 空想料理の故郷へ

ウズベキスタン日記: 空想料理の故郷へ

 

  

フランス日記―日々ごはん特別編

フランス日記―日々ごはん特別編

 

 

広告を非表示にする