おおきなみなとの日々帖

食、本、冷えとり、味のあるカッコイイ役者さん、嵐さんに甘いけれど、日常がいちばん好き。

キキララの日記帳。

https://www.instagram.com/p/BIxVO7mgm2R/

Instagramでのキキララpostに触発されて引っ張り出した遙か昔のキキララの日記帳。

読み返したら、これが私の日記人生の出発点でした。

数十年前のある日の日記。

【今日はとてもおもしろかった。だってぼんおどりだったもん。でも見てるだけでおどらなかった。おどれないもん。】

ホントは踊りたかったに違いないのに、踊りを習うのも恥ずかしいし、間違えるのも恥ずかしいという、自意識過剰の女の子がいました。

【妹と喧嘩して、頭にきたので、小さな鉛筆削りを投げつけた】

とか、

【ソロバンで問題が1問もできなくていやだった】

など、クスッていうのもあれば、

【楽しくはなかったけど、楽しそうにしないと悪いから頑張った】

なんていうのもありました。

周りの空気をフンフンと嗅いで、自分の気持ちをスッと隠して、その場が丸く収まるようにやるべきことをやる。

小学3年生から基本は変わらないなぁ。

だけどこの頃よりははるかに自然にできています。

 

ラジオを聞いていたら、子供さんが不登校で悩んでいたり、夏休み後に不登校になりはしないかと不安がる親御さんがたくさんでした。

元気に学校に行ってるだけで安心している親御さんが多いんだなぁ。

そんな単純なことではなくて、子供は子供で小さな心で日々いろんなことを考えながら生きているのだから、学校に行けないことを嘆いたり、先のことを憂いだりするよりも、家ではたくさんたくさん会話してほしいなぁ。

広告を非表示にする