読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おおきなみなとの日々帖

食、本、冷えとり、味のあるカッコイイ役者さん、嵐さんに甘いけれど、日常がいちばん好き。

念ずれば叶うって、ちょっと違うかなぁと。

冷えとりまわり。 日々まわり。 読書まわり。

https://www.instagram.com/p/BN8FH19lmIz/

忘年会ランチをした友人より、土井善晴先生が出ていたから、といただいた冊子。

杏ちゃんの新刊を買ったそうで貸してくださいました。

文庫になったら読もうかなと思っていたのでびっくりしました。

杏ちゃん、一作目よりもしっとりとしたエッセイになっていてまた素敵。

土井先生のご本は自分のクリスマスプレゼントという名目でいよいよオーダーしました。

強く願うよりも、頭(というか体?)のどこかに留めておくとススって巡り会える、というのが私にはとても多くてありがたいです。

https://www.instagram.com/p/BN_VrzDFk1i/

冷えとりは習慣として続けるけれども、The・冷えとり関連グッズからはいろいろ卒業気分です。

今年まではカレンダーも手帖もアファメーション(〜します、と願望を言い切って引き寄せる)や気付きの言葉満載でしたが、来年はおさらばしたいと決めました。

でもなかなか気に入った手帖ともカレンダーとも巡り会えないままで焦り気味でしたが、嵐のグッズ手帖が想像以上によろしくてとてもHAPPYで決まり。

カレンダーは器展目当てに立ち寄ったお店で便利且つ好みな年間1枚カレンダーに出会い即買いでした。

焦ることなくどこかでちゃんと思っているとちゃんと出会えるんだなぁって実感。

どんなに念じても叶わないことも実はあるわけで、でもそこへのアプローチはやったほうがいいことのほうがもちろん多くて、だけど諦めるというのも大事なことで、そういうのを様々経験すると余計な力が抜けることもあって、存外それも温いのであ〜る。

進み方は皆違って皆正解と思うのであ〜る。

念ずれば叶うって違うと思うこの頃。

 

一汁一菜でよいという提案

一汁一菜でよいという提案

 

  

杏の気分ほろほろ

杏の気分ほろほろ

 
杏のふむふむ (ちくま文庫)

杏のふむふむ (ちくま文庫)

 

 

広告を非表示にする