読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おおきなみなとの日々帖

食、本、冷えとり、味のあるカッコイイ役者さん、嵐さんに甘いけれど、日常がいちばん好き。

負け犬の遠吠えもどき。


f:id:big-harbor-sun:20170427130706j:image

私が行くといつもこの部屋で快適に過ごさせてくれる友の待つオーストラリア旅、今年も結局諦めました。

広島、鹿児島、台湾、そして私にとってはアナザースカイであるオーストラリア。

行きたい。でもそう簡単に行けない。
日本は自称先進国だけれど、富裕層か、はたまた失業者、あるいはリタイヤされた立場でもない限り、まとまった華麗なる休暇など至難の業、はたまたなんちゅうワガママな!という話になりがちだし、旅費捻出もままらなず。

毎日多少の文句を呟きながらもコツコツ真面目に働いて、薄給のやりくりをしてささやかな楽しみを自分で作り出して暮らして、年金暮らしになって生活に困窮するなんてことになったら、正々堂々と生活保護の申請するよね!って時々家族と話します。
怠慢だけが貧しさの理由とは思えない、と吠える負け犬でした。
心の毒出し、絶賛開催中。
負け犬の遠吠えでしかないのかな。

 

負け犬の遠吠え (講談社文庫)

負け犬の遠吠え (講談社文庫)

 
子の無い人生 (角川書店単行本)

子の無い人生 (角川書店単行本)

 

 

広告を非表示にする