読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おおきなみなとの日々帖

食、本、冷えとり、味のあるカッコイイ役者さん、嵐さんに甘いけれど、日常がいちばん好き。

『無限の住人』には役者 木村拓哉くんがおわしました。

無限の住人』、木村拓哉くん主演の侍映画程度の認識で観て来ました。

映画『無限の住人』オフィシャルサイト
木村拓哉くん、素晴らしいお仕事をされておりました。

最初から最後までバッタバッタと斬りっぱなしで、息つく暇がないほどにドキマギだし残酷だし、まるで自分もその場に居合わせたかのような疲労感があるけれども、そこまで疲労させてくれる役者 木村拓哉の凄みに拍手です。

木村くん演じる万次が刀を振りかざすたびに、
『テメェはちゃんと生きてるか。
手加減しないで日々生きてるか。
ちゃんとテメェで考えて決めてるのか。』

と言われてるようで心が痛かったです。
熱湯も冷水も浴びずにぬるま湯で暮らしていることへの後ろめたさよ。
半身浴はやめられそうにないけれど、自分の命の使い道をしばし真剣に考えたくなりました。考えます。

 

木村拓哉くんゲストの『徹子の部屋』を見て、やはり彼は相当な覚悟でお世話になってきたジャニーズに残る決意をして、豪華客船からたった一人でいつひっくり返るか、あるいはひっくり返されるかわからない相当不安定なミニボードに乗り替えて進もうとしているんだなぁと思いました。
余計な説明などせずに、奢らず落ち込まずいるのがまさに侍みたいでした。
呼んでいただける現場があればそこでベストを尽くす『一途一心』の姿勢で…と話していました。
そんな姿と万次が重なっていました。
背中で、目で演技できる役者になられてると思いますよ、木村拓哉くん。

 

余談ですが、杉咲花ちゃんの存在に感謝。

そして福士蒼汰くんにはあんな豪華キャストの中でよく頑張りました賞を差し上げたい気分でした。

あまちゃんの種市先輩はおりません。


f:id:big-harbor-sun:20170502153419j:image

ハリウッド映画はノーサンクスながら、X-MENウルヴァリンファンとしては外せない作品のフライヤーがあまりにも素敵。
そして観たかった『人生フルーツ』、2週間限定公開とのことで嬉しくて数センチ飛び跳ねました!

映画づいてる嬉しさよ。

広告を非表示にする