おおきなみなとの日々帖

食、本、冷えとり、味のあるカッコイイ役者さん、嵐さんに甘いけれど、日常がいちばん好き。

小泉今日子さん著「小泉放談」、又吉直樹くんの「第二図書係補佐」

f:id:big-harbor-sun:20171228195018j:image

「小泉放談」読了。

女性は40代後半から50代半ばくらいが改革期で様々な視点からもしんどいみたいです。

この波さえ上手いこと切り抜けたら、あとは存外愉しくなるという諸先輩方が大半で勇気が出ました。

年齢も程度は違えども、友人たちと共に荒波に呑み込まれぬよう、時々手をつないだり、バタバタしたりしてやっていこう。

できることなら自分と波長の合う人たちとだけ過ごしたいと思う、心の狭い近頃の私。
ますます小泉さんのフラットさはじめ、正直さや姉御気質に憧れております。


○いつだって人は変われることを知って、それを楽しむ
○やらないことを決める

今はここにフォーカスしてみよう。

 

そして又吉直樹くんの読書への深い深い造詣にもウットリです。

ある意味理想の人です。
本を読まない人は苦手だけど、本を読むことを特別なことみたいにとらえる人はもっと苦手です。

 

小泉放談 (宝島社文庫)

小泉放談 (宝島社文庫)

 

 

 

第2図書係補佐 (幻冬舎よしもと文庫)

第2図書係補佐 (幻冬舎よしもと文庫)